武蔵小山の整体・マッサージなら健康サロンクラフト

とその前に・・なんと!

 

只今、リラクゼーション・フットを担当しています 長田です。

なんとこの度 私がCRAFTさんにレンタルサロンとして入り1年がたとうとしています。。。

この一年間 無事に施術できましたのも

以前のお店から来ていただいているお客様

こちらに来てから何度も来店していただいているお客様の

ご愛顧あってのことです。

この場を借りまして深く感謝いたします。 

とともに、更なる技術の向上・満足いただけるサービスでご愛顧にむくいたいと心がけております。これからもお体が疲れた時はいつでもお越しください。お持ちしております。 それでは長くなりましたが本題に・・・

 

そもそもリラクゼーションてなに??

実はこの質問・・・非常に多いです! 笑

整骨院・整体院・カイロプラクティック・鍼とありますが

リラクゼーションの謎さは人一倍だと思います。皆さんのイメージはなんでしょう?

リラクゼーション?癒しとかでしょ?・・・半分正解です。

心のケア?・・・こちらも半分正解です。

話する場所・・・これは人それぞれですね 笑

 

リラクゼーションとは【緊張】に対する言葉で【弛緩】・【緩和】という意味です。

体や心を緩めることをいいます。では、どういった施術が多いのでしょうか?

 

主に自律神経を刺激する施術が多いため、頭周りや目の周り 首肩腰足を押していくにも

持続圧や筋肉を捉えてのゆらしの押しが多いです。

コリには効かないの? いえ、かなり効きます。慢性的なコリには効果は高いです。

運動後はいいの? 主動筋を使った後の張りも効果は高いです。

逆に苦手としているのは急性的の炎症を起こしているものです。

 

緊張に対する言葉と書きましたが、緊張が悪!リラクゼーションが正義!

というわけではなく、自律神経のブログにも書きましたが心地のいい緊張も仕事には必要です。

つまり緊張するべきに適度に緊張し休むべき時に適度にリラックスする。

このメリハリを作り上げるのがリラクゼーションになります。

 

そのメリハリを作るため、自律神経を刺激するために

普段と違った空間

心地よい音楽

好きな香り

などの環境を提供するのもリラクゼーションの醍醐味とも言えます。

 

子供も疲れるときは疲れるよ! 

 

子供

 

とか思っているかもしれませんね 笑

子供が肩こり?そんなことないでしょ!むしろコリなんて!と思う方もいると思います。

以前、私のお客様に小学校5年生の男の子がいました。お母さんと来たその男の子は

【腰が重いあと痛い】との事。なぜこんな事になってしまったのでしょうか?

その男の子とは、施術中ゆっくりと話をし体をケアしてわかったことがありました。

 

まず、猫背がひどい、、大人でデスクワークしている人並かそれ以上でした。

それは中学受験での勉強・塾そして重い本が原因でした。

しかし、一番の原因は

【友達と野球したり外で遊びたい】という気持ちだったんです。

なにを言っているんだ?と思われるかもしれませんがこれが一番の原因でした。

つまり、運動不足からくるものと、自分も友達と遊びたいという欲求がストレスになって

痛みを増幅させていたのです。そこで、勉強を頑張らせているお母さんにはとても言いずらいことでしたがお子さんを友達と遊ぶ時間を増やしてほしいとお願いしました。

それを伝えたときの男の子が「ほらぁー」と言っていたのは今でも忘れません 笑

子供なりにわかっていたんでしょうかね?

その後、結構友達と遊べるようになった!といい喜んでいました。

猫背は3、4回でそこまで良くはならないものですが、押された後 楽になるというのと

運動不足とストレスが解消され腰の痛みはなくなっていました。

 

実際問題 子供にはコリは少ないです。それでも張り自体は結構あります。

私の子供たちの筋肉を触っても張っているな。感じます。

あれだけ遊んでいればね・・・しかし、子供たちは感じません。

そこには大人と違う脳の痛みの捉え方があります。

 

ドパミン!どばどばーー!

痛みを感じそれを受け取るのは脳です。

その痛みを抑えるのが【ドパミン】です。

子供は大人と違いドパミンからくるμオピロイドがドバドバでます。

運動したり・外で遊んだりしてストレス発散させているので止まりません。

しかも、自律神経もかなり正常なので寝たら筋肉が超回復します。

子供がやたらとテンション高かったり、好奇心でよくわからないことをするのはこれです。

ドパミンがかなり出ていればヘルニアさえ感じないそうです

逆に大人は、疲労やストレス・過度な緊張でドパミンの量が減ります。

そこから、視床下部も動きが悪くなり、疲れが取れなくなります。

よく言う悪循環というやつですね。

しかし、この内容だとタイトルにある子供も疲れるんだよには繋がりません。

では、なぜ子供たちも今疲れやすくなっているのでしょうか?

そこでは大人と同じことが起こっています。それは・・・

スマホからの目の刺激からくる交感神経の興奮です。

大人でもなるのだから子供でもなります。

こんな事はないでしょうか

子供がなかなか寝てくれない。次の日なかなか起きてくれない。

YouTubeやアプリゲームやアプリでの勉強こういったことからの

可能性はあります。だからと言って取り上げてしまうのももめ事の原因になります。

そんなこんなで喧嘩をしてしまう親御さんも多数いるでしょう。。切実です。

では、どうすればいいか、それはまた次回に!

最後にもしお子さんが腰痛を訴えていたら

子供が腰痛があるのは異常なことなのでまずは整形外科にいき先天性がないかの確認をし

とくになければ、他の原因を探るのがいいと思います。

長い文章を見ていただきありがとうございました。

次回は、大人子供にも効くリラクゼーションです!

武蔵小山で整体やマッサージをお探しなら「健康サロンCRAFT(クラフト)」 PAGETOP